HOME > お知らせ > 寒波が及ぼす賃貸物件設備への影響⛄

寒波が及ぼす賃貸物件設備への影響⛄

2018-01-16
おもてなし不動産 新居浜 賃貸管理 寒波 設備トラブル 対策など お湯 エアコン ガス 窓

寒い日がまだまだ続きますね。

 

さて、新居浜もこの一週間は0度以下になったこともあり厳しい寒さが続いています。

寒さが厳しくなると賃貸物件の設備への影響が出てきます。下記がよくあるトラブル一覧です。

 

①給湯器

[ 症状 ]

◆お湯が出ない。

[ 原因 ]

◆給湯器や給湯配管の凍結等

[ 対策 ]

◆供給ガス会社様へ連絡をお願い致します(大寒波等の場合、現場が重なり直ぐの対応が難しい事があります)。

◆時間が経過し、気温の上昇によって自然に解凍する事でお湯が出るようになる場合もあります。

 ※出るようになっても給湯器やその配管から水などが漏れていないかを確認してからご使用ください。

 ※給湯配管に熱湯をかけて解凍をすることは配管・バルブの破損の原因となります。ご注意ください。

 

②エアコン

[ 症状 ]

◆エアコンが作動しない

[ 原因 ]

◆エアコン室外機の霜取り中

[ 対策 ]

時間の経過を待つ:約10~30分。

メーカー様やご購入された時期によって霜取りが完了する時間がバラバラだったりします。作動しても少し経つとまた霜取り運転を繰り返す事もある様です。

※雪が積もった場合は除雪等も有効みたいです。

 

③窓ガラス

[ 症状 ]

◆ヒビが入っている

[ 原因 ]

◆熱割れ:室内外の温度差によってガラスにヒビなどが入ってしまう現象。

[ 対策 ]

熱割れはご入居者様の故意・過失ではございませんので、まずは弊社(管理会社)へ御連絡ください。

熱割れはご加入されている賃貸住宅保険で適用となる場合があります。手続き後、協力業者様にて修理修繕致します。

 

ざっくり説明・記載致しました。

寒波の影響と一概には言えませんが、弊社の「設備の不具合がおこったら・・・」のページも参考にしていただければ幸いです。

 

それでは失礼致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright © 2017 OMOTENASHI ESTATE. All rights reserved.